MENU

内臓脂肪が気になる方の強い味方!サプリメントランキング

  • お腹周りの脂肪をなんとかしたい!
  • 健康診断で内臓脂肪が増えていた!
  • 内臓脂肪を減らすようにお医者さんに言われた!

 

そんなお悩みを抱えている方が、現在では増加傾向にあるようです。
しかし、その悩みを解決するための製品の販売数も増加傾向にあります!

 

内臓脂肪

 

当サイトでは、内臓脂肪を減らすために利用したいサプリメントをご紹介しています。
合わせて、内臓脂肪に関する基本知識なども配信しています。

 

内臓脂肪を減らすためには、代謝を高める成分や脂肪燃焼系の成分、サラサラ成分を含むサプリメントがおすすめです。
ではでは、さっそく内蔵脂肪を減らすためにおすすめのサプリメントをランキング形式で紹介させていただきます。

 

 

内臓脂肪サプリ 内臓脂肪を減らす方法

さくらの森のきなりの特徴

さくらの森のきなりは、様々な分野で人気を集めているサプリメント。
血液サラサラ成分がたっぷりと詰まっています。定番のDHAやEPAを高配合していることでも有名で、そこにナットウキナーゼとアスタキサンチンを加えています。
体にサラサラ成分が吸収されていき、確かな効果を発揮。
お腹周りの脂肪や内臓脂肪、血液の状態が気になり始めた方にオススメ。
モニターコースに申し込むと、返金保証付き1,980円で販売しています。

価格 1,980円
評価 評価5
備考 15日間の返金保証付
さくらの森のきなりの口コミ


40代になり、ついに健康診断でひっかかってしまいました^^;
血液状態が悪く中性脂肪も多いと知り、さっそく食生活を改善し始めましたがなかなか効果が出ず、ガッカリしていまいた。
そんな時、妻からプレゼントされたきなり。飲んでみると、劇的な変化はなかったものの続けているうちに数値が改善されて自分でも驚いています。(40代/男性)


夫婦で利用しているサプリメントです。
色んな健康サプリに手を出してきましたが、一番実感できたのがコレでした。
私も体の調子が良くなりましたし、主人は定期検診で数値が下がっていました。(50代/男性)

 

内臓脂肪サプリ 内臓脂肪を減らす方法

三黒の美酢の特徴

三黒の美酢は3種類の”黒い”素材を使用したサプリメント。
黒酢もろみ・黒にんにく・黒卵黄油という素材が複合し、ダイエットや脂肪燃焼をサポートします。
黒酢もろみには代謝を高める働きがあり、太りにくく痩せやすい体質改善に。
ダイエットにはもとりおん、スタミナをつけたい時にもピッタリ。
今なら初回は送料無料で980円で販売しています。

価格 980円
評価 評価4.5
備考 送料無料
三黒の美酢の口コミ


黒酢が苦手なのですがカプセルタイプで飲みやすいです。にんにくの臭みもなくで簡単に飲めます。
毎日飲んでいたら慢性的な疲労感が回復し、ダイエットも成功しました。
目標に到達してからも利用してますが、リバウンドが今のところありません。(30代/女性)


愛用歴7ヶ月になります。ずっと肥満体型に悩んでいたのですが、おかげさまでウエストラインがスッキリしました。
若い頃のようなボディを取り戻すことができました。(40代/女性)

 

内臓脂肪サプリ 内臓脂肪を減らす方法

小林製薬のナットウキナーゼ&DHA&EPAセットの特徴

多くの方が信頼を置く製薬会社の小林製薬のナットウキナーゼ&DHA&EPAセットは、血液サラサラ成分が複数配合されています。
ナットウキナーゼは血栓の溶解作用があり、さらに内臓脂肪を減らす効果が期待できます。
普段の食生活では不足しがちな嬉しい成分がたっぷり。
しかもお値段はリーズナブルで、1袋あたり1,620円です。1日分に換算すると、わずか54円の健康習慣!

価格 1,620円
評価 評価4
備考 1日あたり54円
小林製薬のナットウキナーゼ&DHA&EPAセットの口コミ


納豆嫌いで臭いが不安要素でしたが、全くと言っていいほど無臭で飲みやすいサプリです。
ソフトカプセルで喉につまるような不快な感じもありません。
普段、魚を食べることも少ないので、この内容成分はとても助かります。(40代/男性)


小林製薬なので安心して利用できます。
薬とは違うので効果はまだ実感していませんが、飲みやすくて気に入っています。(30代/女性)


毎日欠かさず飲んでいます。
いつの間にかつらかった朝もすっきり目が覚められるようになり、利用しない理由がないほどのサプリメントです^^
低価格で家計にも負担にならず、とても満足しています。(50代/女性)

 

内臓脂肪サプリ 内臓脂肪を減らす方法

ライオンのラクトフェリンの特徴

ラクトフェリンはタンパク質の一種で、今まさに健康成分として脚光を浴びています。
通常のラクトフェリンは腸までなかなか届きにくいのですが、ライオンでは腸まで行き届くようにラクトフェリンのサプリメントを開発しています。
内臓脂肪を減らす効果や、高めのBMI値の改善に効果が期待できます。
機能性表示食品として認定されているため、効果実感の可能性大!
今なら1ヶ月分が半額以下の価格、2,980円で販売中。

価格 2,980円
評価 評価3
備考 今なら1ヶ月分が半額以下
ライオンのラクトフェリンの口コミ


健康診断で内臓脂肪が多いと知り、メタボ対策のためにラクトフェリンを飲み始めました。
ライオンの商品なので、安全性で選んだのですが効果もスゴイですね。
先日改めて測定した結果、内臓脂肪が減っていました。(50代/男性)


BMI数値が高くなり、見た目的にもお腹周りが出てだらしない印象。
若い頃とはまるで違い、落ち込んでいました。
色々とダイエットサプリは試してみましたが、お腹周りの脂肪が減ることがなく諦めかけていましたが、ラクトフェリンを飲み始めてから変わりました!
3ヶ月続けて、驚くほどウエストがスッキリ!(40代/女性)

 

内臓脂肪サプリ 内臓脂肪を減らす方法

味の素のカプシエイトNaturaの特徴

大手メーカーの味の素のサプリメント。
カプシエイトナチュラは、トウガラシに含まれるカプシエイトを豊富に配合しています。
トウガラシ約300本分を凝縮した、レベルの高い燃焼系サプリメント。脂肪の燃焼をサポートし、余計な脂肪の排出を促します。実際に愛飲者の約8割の方々が脂肪燃焼効果を実感したと回答する実力派。
6日分のお試し価格はワンコインの500円!

価格 500円
評価 評価3
備考 6日分のお試し価格
味の素のカプシエイトNaturaの口コミ


産後ダイエットに悩んでいました。何をやってもお腹周りの脂肪が落ちず、コンプレックスに感じていたのですが、味の素のカプシエイトナチュラとヨガの習慣をつけてみたら、ウエストがスッキリ!
独身の時に履いていたデニムもすんなり入りました!(30代/女性)


これを飲んでから運動すると気持ちよく汗をかけて、運動しているなぁという実感力を感じます。ただ気分だけでなく実際に脂肪が燃えているようで、ムリにダイエットしていないのに体重が減って、ウエストもサイズダウンに成功!これからも続けていきたいです。(40代/女性)

 

そもそも、内臓脂肪って一体どんな脂肪?

 

内臓脂肪サプリ 内臓脂肪を減らす方法

 

脂肪はいくつかに分類されますが、内臓脂肪は言葉のごとく内臓に付着する脂肪のことです。
腹筋の内壁の腹腔内に溜まる脂肪で、内臓脂肪は悪いイメージが先行しますが、ある程度は必要です。
内蔵への衝撃を和らげるクッションのような役割があります。
しかし、余計な内臓脂肪は健康へ弊害しかもたらしません。

 

内臓脂肪を放置したまま改善していないと生活習慣病を引き起こすリスクが高くなります。
他の脂肪の種類に比べて内臓脂肪は落としやすいのですが、付きやすくもある性質を持ち合わせています。
蓄積された内臓脂肪は血液中に溶けだしてしまい、次第に動脈硬化を起こし、高血圧や糖尿病、時には命に関わる脳梗塞や心筋梗塞などの間接的な原因になります。

 

内臓脂肪が多いとき、お腹周りが太くなります。
男性でウエストが85センチ以上、女性で90センチ以上の場合が内臓脂肪が多いと言えます。
ただし、内臓脂肪が増えたとして必ずしも外見に現れるとは限りません。
一般的に見て痩せ型の人でも内臓脂肪が多い方もいらっしゃいます。
正確に判断するためには見た目だけでは分からないので、専門の検査を定期的に受け、また日々の生活では健康管理を意識してください。

 

内臓脂肪を減らすために生活習慣を見直しましょう!

 

内臓脂肪サプリ 内臓脂肪を減らす方法

 

内臓脂肪と生活習慣は切っても離し切れない関係があります。
規則正しい生活習慣は言わずもがな、内臓脂肪を増やすどころか、全ての組織や内臓に良く、健康を維持できる理想的な生活の送り方です。
一方で生活習慣が乱れていると、様々な健康被害を招いてしまいます。
その一つが、内臓脂肪の増加です。

 

生活習慣の中でも特に「食生活」が関係しています。

  • 肉を食べ過ぎる
  • 野菜をほとんど食べない
  • 栄養バランスが悪い
  • 食事の時間がバラバラ
  • 夜遅くに夕飯を食べる

など、食べる量だけでなく、食べ物の内容や食べる時間帯も内臓脂肪と関係します。
特に就寝前の食事は内臓脂肪を溜めやすくするので、夕飯は早めに済ませるように意識し、また量は少なめにしてください。
内臓脂肪が多くなっても、食生活の改善を継続することで脂肪を減らすことができます。

 

食生活以外に、「運動」も内臓脂肪に関与しています。
皆さんは普段、運動しているでしょうか。
食生活が改善されても運動不足であれば、内臓脂肪が増えやすい状態と言えます。
適度な運動も内臓脂肪を減らすためには必要不可欠です。
ハードな運動は必要ありません。できることから少しずつ始め、継続することが大切です。
有酸素運動が適度な運動法でも代表的で、ウォーキングやジョギング、水泳などがおすすめです。
水中の中で歩くだけでも消費エネルギーが増えて、体に負荷をかけずに運動することができます。

脂肪がつく根本的な原因

内臓脂肪サプリ 内臓脂肪を減らす方法

 

人は食事をとることで生活に必要なエネルギーを作ります。
脂肪がつきにくい人は、普段の食事量よりも1日のエネルギー消費量が多いため、太らず健康的な体型を維持することができます。
運動していないのに痩せている人は、意外と体内でのエネルギー消費量が多いと考えられます。

 

また、お腹周りは特に脂肪がつきやすくなりますが、これは生態的な要因もあります。
お腹の周りには骨がほとんどないため、脂肪や筋肉によって補強されています。
つまり、脂肪と筋肉が内側にある内臓を外からの衝撃から守る役割があります。
中性脂肪もある程度については内臓を守るクッションのような役割があります。

 

しかし、この役割を果たすために脂肪には、微小な隙間にも侵入する特殊な性質があります。
そのため、深層部に入り込みますから、皮下脂肪が作られます。
皮下脂肪についても最低限は必要ですが、増えすぎるとメタボ体型になり、見た目も健康にも悪い影響を与えます。

 

余計な脂肪をつけないためには、筋肉を強化して脂肪を燃焼することが必要です。
エネルギーを効率よく消費することによって脂肪は溜まりにくくなります。
裏を返すとエネルギーが消費されなければ、脂肪は次々と蓄積されます。

 

脂肪がつきやすい部分については人の体質にもよりますが、いずれの部分も、筋肉を強化してエネルギーを消費することが脂肪対策になります。

痩せている人と太っている人の違い

内臓脂肪サプリ 内臓脂肪を減らす方法

 

太っているといっても、隠れ肥満という言葉もあり、痩せ型でも実は内臓脂肪が溜まっていることがあるので油断は禁物です。
さて、痩せている人と太っている人の違いですが、その違いには2つの要素があります。

 

まず、摂取カロリー量の違いです。
摂取カロリーは人によっても違いますが、性別別・年齢別に大体で基準があります。
痩せている人は摂取カロリーが少なく、太っている人は摂取カロリーが多いと言えます。

 

そして、基礎代謝量の違いです。
基礎代謝量は、何もしなくても使われるエネルギー量です。このエネルギー量が多ければ、少し食べ過ぎたとしても簡単に太ることはありません。
むしろ痩せやすい体質と言えます。一方で、太っている人は基礎代謝量が少なく、代謝が悪いため普段のエネルギー消費量も少なくなっています。

 

つまり、中性脂肪が多い方や肥満体型の方は摂取カロリーの割にエネルギー消費量が少ない状態であることが多いのです。
ダイエットにしても内臓脂肪を減らすためにも、摂取カロリーを見直し、基礎代謝を高めることが必要です。

 

中性脂肪を減らすためには有酸素運動が効果的とされていますが、本格的に運動を始める前に筋肉をある程度つけることも大切です。
筋肉量が増えることで自然とエネルギー消費が良くなるため、筋力が著しく低下している時には筋力を強化した上で運動を実践していくと効果的です。

 

また、食事についてはカロリーだけでなく、消化活動についても意識しなければなりません。
消化が悪ければ体内に余計な老廃物が溜まって、自然と太りやすくなります。消化に良い物を食べるようにしたり、消化酵素を増やすように心がけてください。

 

加えて、脂肪燃焼を効率よくするサプリメントを活用すると、体質が改善されて脂肪がスムーズに燃焼されます。