MENU

内臓脂肪を増やす要因〜お酒(アルコール)〜

内臓脂肪

お酒は太らない、逆にお酒は太る。
また、お酒は万病の長などと、お酒にまつわる話は多々あります。
太る・太らないについて、私は素人ですから医学的な考えで断言はできませんが、内臓脂肪を増やす要因であることに間違いはありません。

 

一般的に内臓脂肪を増やす原因は「脂肪」と考えられていると思います。
事実、脂肪分の摂り過ぎは内臓脂肪を増やし、病気のリスクを高めます。
しかし、お酒も内臓脂肪を増やすリスクがあります。

 

内臓脂肪を増やす要因〜お酒(アルコール)〜

 

お酒は一般的にカロリーが高い飲み物です。カロリーを摂り過ぎることで体重が増加し、肥満の原因になるという考え方もあります。
また、お酒の主な原料は米や麦ですから、糖質を多く含んでいるため、お酒の飲み過ぎ=糖質の過剰摂取になります。
糖質を過剰摂取すると肝臓で脂質になるため、結果的に内臓脂肪が増えます。

 

適度なお酒は血流を良くするため、体に良いと言われていますが、もともとの体が健康であり、本当に適量であることが条件です。
また、お酒を飲む時に何らかのつまみを食べますよね?
ピーナッツなどが定番ですが、お酒のあてが高カロリー・高糖質・高脂質など、つまみによっても内臓脂肪が増えてしまいます。

 

つまみを食べずにお酒を飲んでいると、今度は肝臓に大きな負担を与えてしまいます。
もちろん、つまみを食べていても飲み過ぎると肝臓にダメージを与えて、肝機能は著しく低下します。
アルコール性の病気はいくつもあり、アルコール性心筋症やアルコール性痴ほう症など、怖い病気の原因です。

 

肝臓の数値がまだ基準範囲内でお酒が好きな方は、完全に禁酒しなくても構いません。
ただし、お酒の飲み方に気を配りましょう。
おつまみは低カロリーのものを選び、お酒は適量にし、週に数日は休肝日を設けてください。楽しくお酒を飲むことで、体にも影響を与えません。