MENU

内臓脂肪が引き起こす様々な病気

内臓脂肪

 

内臓脂肪が蓄積されると、体はどうなると思いますか?
単純にお腹周りが太って見た目が悪くなる、と、簡単な問題ではありません。
内臓脂肪は体内に溜まっていますから、体の内側から被害をもたらします。

 

内臓脂肪が溜まり続けると、いわゆる生活習慣病のリスクが高くなります。
まず、余計な脂肪は血液に溶けだすので動脈硬化が起こり、関連の病気としては高血圧などを引き起こします。
さらに動脈硬化が進行すると、時には脳梗塞や心筋梗塞など重篤な病気を発症することもありえます。
高血圧から心臓病を合併するリスクもあり、内臓脂肪から始まって様々な病気を発症してしまいます。

内臓脂肪が引き起こす様々な病気

 

また、糖尿病も内臓脂肪が引き起こす病気の一つです。
糖尿病は発症すると治らないと言われており、恐ろしいのが合併症です。
糖尿病から、とんでもない合併症を引き起こしてしまいます。こうして日常生活にも影響し、普段の何気ない暮らしが送れなくなると言っても大袈裟ではありません。

 

内臓脂肪が溜まるとお腹周りのウエストが太くなりますが、痩せ型の人でも「隠れ肥満」といって知らずのうちに内臓脂肪が溜まっているケースもあります。
見た目だけで確実な判断はできないので、あらかじめ生活習慣を正して内臓脂肪を増やさないように心がけ、定期検診の受診をおすすめします。