MENU

内臓脂肪とメタボリックシンドロームの関係

内臓脂肪

内臓脂肪が蓄積すると、メタボリックシンドローム、いわゆるメタボになります。
メタボは言い換えると”内臓脂肪型肥満”と言い、メタボになるとさらに生活習慣病を引き起こしやすくなります。

たとえば、高血圧や心臓病、糖尿病など、様々な病気を引き起こしてしまいます。また、動脈硬化が起こり、知らずの間に進行して重篤な病気にはってんすることもあります。

 

内臓脂肪

 

メタボを対策するためにも改善するためにも、ポイントは内臓脂肪です。
内臓脂肪を減らすことを意識することにより、メタボの状態も改善されていきます。

 

要するに、メタボは内臓脂肪が大量に溜まっている状態ですから、内臓脂肪が減らないとメタボも改善されません。
食生活の見直しと適度な運動を行い、内臓脂肪を少しずつでも減らしていきましょう。

 

そのまま放置していると内臓脂肪は増加していき、もしも循環器系に病気を発症すると、後遺症が残ることもあります。
重篤な病気を防ぐためにもメタボリックシンドロームはもとより内臓脂肪を減らして改善しましょう。