MENU

内臓脂肪と加齢の関係

内臓脂肪

 

20代に比べて30代、30代に比べると40代、50代...と、加齢とともに内臓脂肪は増えやすくなります。
これは、年齢を重ねるごとに基礎代謝が低下していくことが関係しています。

 

基礎代謝は人が快適な温度で空腹状態、何もしていないときに消費する代謝のことで、基礎代謝量が多いほど自然と太りにくい状態です。つまり、脂肪が溜まりにくい体質です。
一方で、加齢とともに基礎代謝量は減ってしまうので、年齢を重ねると太りやすくなり、中性脂肪も上昇します。

 

たとえば、若い時と同じ食事量・運動量にもかかわらず、いつの間にか体重が増えていた、という経験はないでしょうか?
それが、基礎代謝が低下している状態です。

 

基礎代謝が低下すると体内の脂肪が燃焼されませんから、そのまま蓄積されていき、中性脂肪も当然ながら増えます。
ですから、いつまでも同じ生活では、年齢的に限界があります。
内臓脂肪が気になりはじめたら食生活を見直し、適度な運動も行うようにしてください。
そして、基礎代謝を高めることを意識すると、基礎代謝の低下を防ぎ、脂肪がつきにくい体を維持することができます。
基礎代謝は加齢とともに低下するものですが、筋力があると代謝も良くなるので、やはり適切な運動が内臓脂肪を減らす・防ぐために必要です。