MENU

内臓脂肪と妊娠の関係

内臓脂肪

女性は妊娠している時としていない時では体がまるで違います。
妊娠することでデリケートな体質になりますし、赤ちゃんの栄養を確保するために脂肪を蓄えやすくなります。

 

一般的に内臓脂肪を測定する体重計がありますが、自宅用のもので妊娠中に測定しても、参考にはなりません。体重だけが確実に分かります。

 

妊娠中は自然と内臓脂肪も増えるので、あまり神経質になることはありません。
周期に合わせて適切な体重をキープできていれば、母体にも赤ちゃんにとっても良い状態です。
定期検診を受けながら体重管理も行ってみてください。

 

内臓脂肪と妊娠の関係

 

ただ、産後はそのまま脂肪が残りやすいです。
この時、中性脂肪が多い状態のままでは、やはり健康に影響してしまいます。
授乳期も体には気遣いが必要ですが、落ち着いたら内臓脂肪を減らすために食生活の改善や適度な運動を行うようにしましょう。
赤ちゃんのお世話でも、自然と体力やエネルギーが使われます。ですから、食事を見直すだけでも内臓脂肪は減ることがありますし、適度な運動を行って基礎代謝を高めると痩せやすくなります。