MENU

内臓脂肪を増やす要因〜糖質・脂質の過剰摂取〜

内臓脂肪

糖質と脂質は、どちらか片方だけでも摂り過ぎると内臓脂肪を増やしてしまいます。
一見、脂質の方が悪いようですが、糖質は摂取したあと肝臓内で脂質に変わるので、糖質の摂り過ぎも内臓脂肪を増やす原因です。

 

脂質はエネルギー量が多いため、活動するために必要不可欠です。
しかし、エネルギー量が多い分、摂り過ぎたり、エネルギーが消費されなければ体の中に脂肪が溜まってしまいます。
食生活の乱れに加えて運動不足では内臓脂肪が溜まりやすい状態です。
脂質の中でも、動物性である肉類などに含まれる脂肪が内臓脂肪と密接な関係にあります。
お肉を完全に控える必要はありませんが、たんぱくな部分をチョイスするか、量を減らすように心がけてください。一方で、魚に含まれる不飽和脂肪酸は、脂肪といっても血液サラサラに有効な脂肪の種類です。

 

また、糖質は単糖類・二糖類・多糖類などの種類がありますが、とくに単糖類と二糖類の摂り過ぎが内臓脂肪を増やしてしまいます。
極端な話、毎日のようにケーキや甘いお菓子を食べている人は内臓脂肪が増えます。

 

脂質と糖質はどちらかが欠けても生命活動に影響しますが、どちらかが過剰になった場合も健康状態に悪影響を与えます。
何事も限度があるように、摂取する成分の量も限度があります。
バランスを意識して、摂り過ぎないように食生活を見直しましょう。